ホーム » オフィシャルブログ

オフィシャルブログ

1992年式 ポルシェ911 ターボ 3.3 (Type964)エンジン・足廻り編。

1992年式 ポルシェ911 ターボ 3.3(Type964)をご紹介致します。

今回は、エンジン及び足廻りをご紹介を致します。

964  3.3ターボは、930カレラのエンジンをベースにターボで
過給してあります。
その為、エンジンのフィーリングは後期の3.6ターボに比べて
より機械的な、荒々しいものとなっております。

ブレーキタッチは、現行モデルに比べれば踏力が必要ですが、
踏めば踏むだけ利きます。
とてもリニアな感触です。

クラッチは軽くはないですが、
適度な重さです。
渋滞が苦になる程ではありません。

 

サスペンションの程度も抜群です。
(勿論、弊社在庫車で酷い車はありません。)
過去に弊社が仕入れた964ターボの中でも
1・2を争うコンディションの足廻りです。
964ターボの現役時の乗り心地をお楽しみ頂けます。

次回はボディーカラーを中心にご紹介致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)